HOME > メイク・メイクアップについて > 毛穴隠しに厚塗りメイクは逆効果

毛穴隠しに厚塗りメイクは逆効果

KIREIMO -キレイモ-

暑くなって、皮脂分泌がさかんになると、毛穴の黒ずみも目立ってくるようになります。

肌にポツポツと黒い点が・・・思わずファンデーションで隠してしまいたくなりますよね。

でも、ファンデーションを厚塗りしても、毛穴の問題は解決しないどころか、事態を悪化させてしまいます。

毛穴を隠したい! という気持ちは分かります。だから、ファンデーションを塗ってはいけない、とは言うつもりはありません。

ただ、塗り方を工夫しましょう。スキンケアの方法を変えて、メイクの方法を違ったものにするだけで、毛穴の状態はぐんと良くなるものです。

毛穴の黒ずみの原因

小鼻の周りなどにある、毛穴の黒ずみの原因には、汚れと刺激があります。

汚れが原因の毛穴の黒ずみ

余分な皮脂と、古い角質が混ざり合い、さらに酸化して黒く変色してしまっている。 

刺激が原因の毛穴の黒ずみが原因の毛穴の黒ずみ

肌は刺激を受けると、肌を守るためにメラニンを生成します。毛穴シートを使ったりして、無理に毛穴の汚れを取ろうとして、それが刺激で余計にメラニンが生成されてしまうこともあります。

メラニンというのは、一度できてしまうと、同じ場所にできやすくなるという特徴があります。放っておくと、どんどん毛穴の黒ずみがくっきりしていってしまいます。だから、きちんとケアすることが大切なのです。 

肌を健やかな状態に戻すことで、毛穴のブツブツは改善される

もともと、毛穴は閉じたり開いたりして、汗や皮脂を排出しています。過剰な皮脂が詰まったままだと、閉じることができずに常に開いてしまいます。肌や毛穴に負担をかけないケアをして、肌を健やかな状態に戻すことで、毛穴のブツブツは改善されていきます。 

ファンデーションの厚塗りは逆効果

ファンデーションの厚塗りは、これとは正反対の行動です。とくに、夏は高温多湿なので、皮脂分泌が活発になりがちです。皮脂はファンデーションと混ざると、酸化して黒ずみやすくなります。

黒ずみを隠すためにのせたファンデーションのせいで、かえって肌が黒ずんでしまうという悪循環が生まれてしまいます。 

皮脂の酸化とファンデーションが混ざるのを最小化するためにも、ファンデーションをうす塗にしましょう。

ブラシを使うと、上手に薄く塗ることができます。

@下地を使う 
ファンデーションと肌が直接触れないようにします。素肌の水分が不足していると、余分な皮脂が出やすくなるので、保水し、下地をつけて、肌とのクッションにしましょう。 

Aブラシでつける
ブラシ全体にパウダーをつけ、ふわっとなぞるようにして肌の上にのせていきます。 

クレンジングは、ゴシゴシこすらず、指先でやさしく滑らせてメイクを落としていきましょう。クレンジングが肌になじんでいくのをイメージするとうまくいきやすいです! 

毛穴の対策にはスキンケアも大切

スキンケアも大切です。年齢とともに、毛穴が楕円形に広がっていきます。加えて皮脂が溜まると、毛穴がどんどん広がります。

肌の張りや弾力を高めるケアをすると、毛穴も引き締まっていきます。

うるおい補給やマッサージなどで肌に栄養補給と刺激を与え、活性化させていくようにしましょう。きちんとケアしているお肌は、何もしていない肌に比べて、毛穴の開きがゼンゼン違ってくるものです!

KIREIMO -キレイモ-

>> メイク・メイクアップについて

 
お得な体験コースを受けたい方は体験コース一覧