HOME > メイク・メイクアップについて > ファンデーションで小顔に見せる

ファンデーションで小顔に見せる

KIREIMO -キレイモ-

ファンデーションはメイクするときに欠かせません。
かさかさしていたお肌も、気になるシミも、ファンデーションをつけるとすっきりとキレイになります。

でもファンデーションは、肌をキレイに見せるだけじゃなくて、小顔に見せたい時も、とっても心強い味方なのです!

トータルな美しさを得るために、小顔というのは大切要素です。
せっかくかわいい服を着ても、等身大の鏡の前に立って見ていたら、なんだか頭だけ大きくてキマらない、なんてことはよくあります。 これが小顔ならすっきりキマります。

かわいい服を楽しむためにも、小顔メイクをマスターしましょう!

小顔メイクの作り方

小顔は立体感を利用して作ります。屋内で写真を撮ると、フラッシュがたかれますよね。この写真を見てみると、手前が明るく、奥が暗く見えるのがわかります。 この原理を利用してファンデーションを塗ります。

顔を正面から撮った写真を見てみると、鼻筋から口にかけて、あるいは両目から下にかけての部分が明るいのがわかります。目じりから外側は、徐々に暗くなっていきます。これは骨格に沿ってできる陰影です。中に入っている頭蓋骨のカーブに沿った陰影です。小顔、いわゆるスタイルがいいと言われている人は、このカーブが急角度です。

だから、小顔を作るには、さっきの立体感の原理を利用して、カーブしている部分に、お肌よりも暗めのファンデーションを置いて外方向に伸ばすといいのです!

反対に、鼻筋から口、両目から下の部分は、明るめのファンデーションを伸ばします。

そして、境目のところのファンデーションを馴染ませて、自然な感じに仕上げれば、小顔の完成です!奥行きが強調されて、顔の形がコンパクトも見えるというわけです。

立体感を利用して、目鼻立ちの整った顔をメイク

わかりやすく書くと、

鼻筋から口、両目から下…明るめのファンデ
目じりより外側…暗めのファンデ
2色の境目…自然な感じになじませる

のような感じです!

この立体感を利用して、目鼻立ちの整った顔をメイクしてみましょう!
出ているように見せたいところに明るいファンデーション、へこんでいるように見せたいところに暗めのファンデーションをのせます。

出っ張っているように見せたいところはTゾーンですね?
ここに明るめのファンデーションをのせます。

眼窩(がんか)とアイホール

眼窩(がんか)とアイホールは、上まぶたは窪んでほしいですが、下まぶたは窪んでほしくありません。
そこで上まぶたに明るいファンデーション、下まぶたに暗いファンデーションをのせます。

目そのものの立体感も大切なので、まぶたの真ん中は明るいファンデーションをのせます!
そして鼻筋のサイドに自然な感じでつなげるようにします。

明るめのファンデ・暗めのファンデ

わかりやすく書くと、

Tゾーン…明るめのファンデ

上まぶた…暗めのファンデ
下まぶた…明るめのファンデ
まぶたの真ん中…明るめのファンデ

のような感じです!

これで小顔・ホリの深い顔立ちの完成です。

いつものメイクに、ちょっとアイデアをプラスするだけなので、とっても簡単にできる方法でしょう?

特別なテクニックが必要なわけでもなく、立体感の作り方を「知っている」か「知っていないか」だけの違いで、すぐに実践できてしまうのです。1〜2分程度あればいいだけなので、ぜひ試してみてください!

KIREIMO -キレイモ-

>> メイク・メイクアップについて

 
お得な体験コースを受けたい方は体験コース一覧